CATEGORIES
ブログ村ランキング

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< チュ・ジフン×チ・チャンウク 「蒼のピアニスト」 第14話 | main | イ・ミンホ主演 「神医/信義」 第16話 >>
イ・ミンホ主演 「神医/信義」 第15話
JUGEMテーマ:韓国ドラマ

si15000.jpg

「神医/信義」
신의 (2012年 SBS ) http://wizard2.sbs.co.kr/greatdoctor/
イ・ミンホ/キム・ヒソン/パク・セヨン/イ・フィリップ/ソンフン
リュ・ドクファン/ユ・オソン  
si15001.jpg

長くて1日しか命は持たないでしょう から

si15002.jpg

解毒剤をもらいにきたヨン

私は王の座につくか死ぬかだ 殺したいなら殺せ 医員も死ぬことになるが

解毒剤を渡す条件は玉璽で

si15003.jpg

si15004.jpg

ウンスの夢の中 知らない世界で治療してます

si15005.jpg

si15006.jpg

医仙を助けるために必要なので玉璽を渡してもらいたい

玉璽を渡せ? それは王の座を降りろと言っているのだぞ
ひとりの女のためにおまえは・・・

si15007.jpg

王様のために勝手に連れ去ってきて王妃を助けた人物です
それに王様は民衆のために存在しているんです

おかしくなったな あいつを捕まえろ!!

si15008.jpg

si15009.jpg

si15010.jpg

ウダルチはやっぱり無能で 丸腰の隊長に歯が立たず

si15011.jpg

王様に会う前に玉璽を奪っていたヨンで

si15012.jpg

si15013.jpg

si15014.jpg

ウンスに・・・

si15015.jpg

si15016.jpg

解毒剤を手に入れますが全部で7本ある と 徳興君も対策済みで

si15017.jpg

si15018.jpg

玉璽はギチョルに ヨンが手に入れてくれた おまえがいいようにしろ と

si15019.jpg

王妃は隊長の言葉をもう一度ちゃんと聞かせてください と

si15020.jpg

玉璽の内容を見て気づく王様

si15021.jpg

これは元の国が出したもの・・・ 私にとって民衆は隊長だけなのに・・・
その隊長に狂ってる、捕まえろ とは

si15022.jpg

黙って抱きしめる王妃で

si15023.jpg

si15024.jpg

死なないで・・・ 夢の中のヨンに

si15025.jpg

si15026.jpg

si15027.jpg

これからどうするつもり

医仙を元の場所に送って

そのあとよ

・・・・ 一緒にあっちの世界に行こうかな

王様がひとりになってもいいの

とにかく あとで考えるよ

si15028.jpg

天の門が開く日は計算できたの 1ヵ月後よ
そのあとは67年後だから 私が生きている間ではそれが最後になるわ

あと夢の中にダイアリーの続きが出てきたの
徳興君に会ったらその続きがあるのか聞いてほしいの

si15029.jpg

玉璽は廃棄した あれは元からのもので新しく玉璽を作ることにした

si15030.jpg

si15031.jpg

徳興君はイルシンを使って計略を

si15032.jpg

si15033.jpg

si15034.jpg

徳興君のところに行くとキチョルも来たりで

si15035.jpg

何か様子がおかしい・・・

si15036.jpg

そこにキチョルの臣下 国軍がうちに攻め入りました と

si15037.jpg

si15038.jpg

キチョルには珍しく不意をつかれた形で 
徳興君に報復しようとしますがヨンが止めたりで

si15039.jpg

si15040.jpg

王様とキチョルに仕掛けた徳興君の策略に驚きのヨンで

si15041.jpg

ウンスは危険な状態が続き で ラスト と


聡明なキチョルを陥れるとは徳興君は雑魚でもなかったのね
それにしてもウンスの夢は何を意味するのか 
ダイアリーの続きが気になるな と

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ランキング参加中 クリックしてね。

 
| シンイ −信義− | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hellosunday.jugem.jp/trackback/1215
トラックバック